コンサル特集

PwC コンサルティング合同会社

PwCデジタル アナリティクス

アナリティクス

‐ビジネス課題を解決するためのインサイトを導き出す‐
ビッグデータの分析・解析を通じた戦略的洞察の享受、およびデータ主導の意思決定を目指すクライアントに対して、多様なアナリティクスサービスをワンストップで提供します。

通信技術、センシング技術の進化に伴い、人・モノに関連する多様なデータが日々膨大に生成されています。このようなビッグデータを活用し、企業の競争力の強化、データ主導型の経営判断を必要とする時代がいよいよ到来しようとています。

企業にとっては、組織内外に存在するさまざまなデータを収集し、起きている現象の可視化とインサイトを導き出し、具体的なアクションによりビジネス上の成果に結びつけるアナリティクスが重要になってきています。また、データを用いてインサイトを導き出すことで、将来予測のモデルを構築することができ、物事が起きてからではなく、事前に準備し、先手を打った対策の実現を可能とします。

しかしながら、多くの日本企業においては、これまで活用されていなかったデータによる現象を可視化するモデルの構築や、インサイトを導き出すことに対して大きな課題を抱えています。また、迅速かつ日常的にデータ主導型の意思決定を実施していくためには、アナリティクスモデルの構築のみならず、企業内においてデータ主導型のカルチャーを醸成し、経験と勘に頼るのではなく、データによってもたらされた事実をベースにした意思決定を進めていく必要があります。

PwCは、グローバルでのあらゆるビジネス領域における経験を通じて、ビッグデータ活用戦略の立案から、データ・インサイトの導出、必要なアナリティクスソリューションの定義と導入、データ分析基盤の構築、アナリティクス体制整備までの一貫したコンサルティングサービスを提供します。

アナリティクスセンターを構成するツール群

アナリティクス  サービスメニュー
カスタマー

顧客経験価値の向上と業務効率化を両立させ利益成長を実現するには、さまざまなデータを活用し、顧客に関する貴重なインサイトを導き出し、具体的なアクションに結びつけることが必要です。カスタマーアナリティクスは、適切な顧客に適切な顧客経験を適切なタイミングで提供することを支援します。

オペレーション/サプライチェーン

オペレーション/サプライチェーンのパフォーマンスを向上するためには、需要と供給の変化に適切かつ迅速に対応する必要があります。オペレーション/サプライチェーンアナリティクスは、サプライチェーンの透明性を向上するのみならず、変化への迅速な対応や企業資産の活用を支援します。

ファイナンス

グローバル化の進展に伴い企業は多岐にわたる外部環境の変化に適切に対応し、競争力を維持・強化する必要があります。ファイナンスアナリティクスは、業績における問題を迅速に把握するのみならず、将来の業績におけるシナリオ検討を通じて、全体最適の視点からの適切なアクションを実行し、企業の競争力の維持・向上の実現を支援します。

ヒューマンキャピタル

企業を取り巻く環境が激しく変化する中で、「優秀な人材の獲得・維持」、「従業員のパフォーマンスの最大化」を適切なコストで実現することは、企業の競争力の維持・向上に必要不可欠な要素となっています。ヒューマンキャピタルアナリティクスは、人材に関するさまざまなデータの多角的な解析により、人材マネジメントに定量性や科学的観点を付加し、人材マネジメントを通じた創出価値の向上を支援します。

リスク

事業のグローバル化、新たな技術の活用、法規制の厳格化などにより、企業を取り巻くリスクは急速に多様化・複雑化しており、それらのリスクを未然に防止あるいは早期発見できる態勢の構築が求められています。リスクアナリティクスは、これまでグローバルで培った豊富なリスクマネジメントに関する知見・経験を基に、リスク低減、リスク兆候の検知、意思決定の高度化などを支援します。

アナリティクスセンター


PwCがグローバルに展開する「ビッグデータ&アナリティクス」の日本での活動拠点として、「アナリティクスセンター」を設置しています。PwCのグローバルチームとの協業を通じて、多様なアナリティクスサービスを提供します。

ビッグデータ活用戦略の立案

現状アセスメント、ビジネス戦略に合致したビッグデータ活用戦略立案など

データ・インサイト導出

企業内外データのクレンジング、モデリング、可視化によるインサイト導出

アナリティクスソリューションの導入

カスタマー、オペレーション/サプライチェーン、ヒューマンキャピタル、ファイナンス、リスクなどの分野別アナリティクスソリューション導入

データ分析基盤の構築

分析システムアーキテクチャー、データガバナンスシステムなどの設計・構築

アナリティクス体制整備

組織設計、アナリティクス要員育成、シェアードサービス・BPOなど

PwCデジタル アナリティクス 事例・実績

カスタマーアナリティクス
顧客購買行動に関するアナリティクス視点の統合

PwCはクライアントの多様なチャネルやタッチポイントにおよぶ顧客の購買行動を同一の視点で分析することを目的とし、顧客の購買行動予測や1to1マーケティングに利用する顧客データの活用指針の策定、ビジネスニーズとテクニカルアセスメントの実施、不統一な顧客データのフォーマットを統合するためのさまざまな「ビッグデータ技術」のマッピング評価を提供しました。

カスタマージャーニーマップの導入

PwCは顧客の商品選択に関する定性情報リサーチやPwC独自のエクスペリエンス・レーダー・モデルを組み合わせ、定性・定量双方の「お客様の声(Voice of Customer)」収集ツールを開発、クライアントのカスタマージャーニーマップの導入を支援しました。カスタマージャーニーマップにより、クライアントの顧客主導・データサポート型視点での経営、意思決定プロセスの導入に貢献しました。

顧客購買行動のモデル化による将来予測

フォーチュン100の保険会社は、保険・金融業界やその顧客行動に生じている変化が、将来的には自社のコアマーケットを混乱させると予想しており、顧客の購買行動についてさらに理解する必要があると考えていました。PwCはクライアントの戦略チームと協力し、金融商品を購入する顧客の特性を調査、その上で顧客の層別化・購買行動のモデル化を行いました。この高度な人口知能に基づくシミュレーションモデルにより組織横断の統合化されたアナリティクスを実現しています。さらに、PwCのExperience NavigatorTMを用いることで、ビジネスケースごとの将来的なインパクトを予測することが可能になりました。

ビッグデータ
ビッグデータシステムの導入支援

PwCはクライアントがパイロット導入したビッグデータシステムの完全導入に関して、実現可能性評価に必要なデータ構造モデル、および、テクノロジーロードマップの作成を支援しました。クライアントが目指すITとビジネスの統合を実現し、市場への俊敏な対応、顧客経験価値の向上、製品の改善、コストの削減を同時に達成することに貢献しました。

ビッグデータアナリティクスを活用した顧客経験価値の向上

課金型TVサービスプロバイダー事業は、新規参入業者により競争が激化する中で、将来の成長と収益性の確保に向けて顧客満足度の向上、既存顧客の維持、顧客ロイヤルティの向上が急務となっていました。PwCは膨大な顧客情報の活用促進を、特にビッグデータアナリティクスの観点から支援することで、よりデータ主導型の意思決定プロセスの定着を実現させました。当初の目的である顧客経験価値向上の達成はもとより、顧客経験領域を超えたイノベーションの創出をサポートしています。

会社情報

PwCコンサルティング合同会社
設 立 1997年3月(前身ベリングポイント)
代表執行役 鹿島 章
本社所在地 〒100-6921 東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビルディング21階
事業内容 ストラテジーコンサルティング
マネジメントコンサルティング
テクノロジーコンサルティング
リスクコンサルティング
ホームページアドレス http://www.pwc.com/jp/ja/consulting.html
グローバルネットワーク PwCは、世界157カ国756都市に208,000人以上のスタッフを有しています。

募集職種

募集職種 財務戦略コンサルタント
財務・会計・経営管理コンサルタント
経営戦略コンサルタント
金融コンサルタント

ASPIRE 無料転職サポートサービスのお申し込み

アスパイアのキャリアコンサルタントが、最適な企業の紹介、的確な企業情報の提供、職務履歴書等の作成アドバイス、求人企業への応募、面接のセッティング、面接のノウハウの提供、採用条件の調整、内定後のフォローアップなど、転職活動をフルサポートします。

ASPIREに無料転職相談