個人のキャリアや将来性を的確に表現する職務経歴書の書き方

職種別職務履歴書のポイント

管理職種 ◆企画創造力、専門的知識・業務遂行能力など得意分野を明確にすることが基本
●得意とする専門分野、新規事業などの企画・運営経験
●役職名、権限範囲、業績、部下の人数などのマネジメント経験
●個人的に蓄積した社外人脈
総務人事職種 ◆従事してきた業務内容を具体的に記載
●総務業務に於けるマスコミ対策、広報など、法務業務に於けるあ株主総会関連、法律実務、人事業務に於ける採用や給与計算など
●業務に関連する資格や業務で使用してきたOA経験、英語力
財務会計職種 ◆企業の経営管理活動にどのように貢献してきたかを分かり易く表現
●経理業務に於ける決算業務、試算表の作成、財務業務に於ける資金調達、社債の発行、資金運用、対銀行業務など
●業務に関連する資格や業務で使用してきたOA経験、英語力
事務職種 ◆取組んだ業務の範囲と内容を網羅して記載
●経験した業務、会計士・税理士・社会保険労務士などの取得した資格
●会社説明会、決算、商法監査などの業務
●業務上使用出来るOA能力
営業職種 ◆職務経験や営業実績等を具体的かつ体系的に表現
●販売していた商品名や用途、対象顧客、営業方法、担当地域、顧客数 等
●客観的に判断できる数値を明示した営業実績
●権限委譲された業務の範囲、部下の人数、役職名などのマネジメント経験
販売職種 ◆実績や企画・運営経験までを明記
●取扱商品名、用途、販売対象、顧客対象、立地・競合店などの販売方法・店舗状況
●販売実績に関する販売数量、販売額などの社内での相対的な位置
●商品企画・販売企画などの企画業務経験
●権限委譲された業務の範囲、部下の人数、役職名などのマネジメント経験及びクレーム処理経験
技術職種 ◆専門分野と技術レベルを明確にすることが基本
●業務内容及び、プロジェクト名、製品、開発期間、役割などの担当業務の詳細
●開発に使用した機種、言語、OS
●個人若しくは組織で申請・取得した特許・実用新案
●所有資格や所属している学会、定期購読している専門誌等
企画職種 ◆具体的な商品や戦略として実行された成果
●提案してきた企画内容と成果
●日常的な情報収集活動、現場経験
●プレゼンテーション力、交渉折衝力、企画実行段階で果たした役割などのマネジメント力
クリエイティブ職種 ◆担当してきた業務を明記するのみならず、技能を作品で直接的にアピールする事が重要
●個性やオリジナリティ、創造力、鋭い感性などの能力や習得技術
●プロジェクトメンバーの管理、コミュニケーション力などのディレクション経験
●コンテストでの受賞歴、DTPやグラフィックソフト等のOA使用経験