個人のキャリアや将来性を的確に表現する職務経歴書の書き方

職種別職務経歴書の記入例

IT関連職種(ソフトウェアプロジェクトマネージャー業務)
職務経歴書
xxxx年x月x日
氏名:○○ ○○
1. 職務経歴
  19xx年x月   株式会社○○○○入社
  19xx年x月   社費留学米国○○○○大学院○○学科修士号取得
  19xx年x月   米国子会社出向 プロジェクトリーダー
  19xx年x月   米国現地法人GeneralManager
  19xx年x月   米国現地法人社長
  19xx年x月   本社情報推進本部主任技師
2. 得意分野
  1. ソフトウエア開発・管理経験
  大学、大学院でコンピュータを専攻。ソフトウエア開発経験xx年
  プロジェクトマネージャー・リーダーとして複数のプロジェクトでシステム設計・管理を担当
  図形処理、画像処理、衛星画像、動画関連のプロジェクトの経験が豊富
  2. コンピュータ技術
  使用コンピュータ:ワークステーション(SUN、HP)、パソコン(Windows、MAC)
  使用言語:C、C++、Java、HTML、PASCAL
  使用OS:UNIX、Windows
  職種経験:パッケージソフト、CAD/CAM/CAE、画像処理、マルチメディア
  3. マネジメント経験
  米国現地法人GeneralManager、社長としての経営管理経験x年
  米国にて現地チームの開発管理ほかプロジェクトマネジメント経験xx年
  4. 英語による実務経験
  システム開発・ビジネス双方において英語による実務経験xx年、米国滞在x年
  海外業務渡航回数 米国、欧州、アジアなど多数
3.開発経歴
 
期 間 プロジェクロト名及び業務内容 開発環境等 役割等
19xx年x月
〜19xx年x月
19xx年x月
〜19xx年x月
汎用CADシステムの設計・開発
米国向けCADシステムの設計・開発−基本設計、詳細設計、開発、テスト、保守管理
PC、MS-DOSPASCAL

PC、MS-DOSPASCAL、C
メンバーとして設計開発担当

プロジェクトリーダー
(要員数約xx名)
19xx年x月
〜19xx年x月
19xx年x月
〜19xx年x月

19xx年x月
〜20xx年x月
米国子会社向けCAD/GISシステム
開発米国現地法人向けGISシステム・画像認識システムの開発・販売管理
米国現地法人向け衛星画像システム・画像認識システムの開発・販売管理
HP、SUNUNIX、Windows、C
Windows、C++Java


Windows、C++Java
プロジェクトリーダー
(要員数約xx名)
GeneralManager
(要員数約xx名)

現地法人社長
(要員数約xx名)
20xx年x月
〜20xx年x月
Web対応GISシステムの開発・販売管理 Java システム担当シニアリーダー
(開発要員数xx名)
4.取得資格等
  ・資格   第1種情報処理技術者、オラクルマスターシルバー
  ・英語力   実用英語検定1級、TOEICxx,TOEFLxx
  ・所属学会   情報処理学会、日本シュミレーション学会
5.希望する業務
  コンピュータ開発やマネージャー経験、米国滞在経験等を生かしたコンピュータソフトウエアに関するプロジェクトマネージャー業務
  海外に関連した事業におけるプロジェクト統括業務