人生のビジョンに基づく志望動機の確立

なぜ転職を決意したのか、なぜ希望する仕事や企業、業界を選んだのか、仕事を通じて何をしたいのか、また何を実現したいのか。という問いに対してあなたの答えを明確にしていくことが、転職活動の基本です。しかし答えを明確にしていくプロセスはなかなか大変な作業です。またあなたの人生の方向性に極めて大きく影響してきます。是非下記のプロセスを経て、あなたが確信をもてる答えを追求してみてください。

  1. まず自分の現状を分析し、いかなる制約もつけずにこうありたいという将来の望む姿をまず描いてみることです。これこそが自分が望む人生のビジョンです。
  2. 次に自分はなぜそのようになりたいのかを検証することにより、自分の大切にする価値観を明確にします。
  3. この価値観をベースにした将来の行動と結果を検証することにより、自分のライフデザインがより確かなものとなります。
  4. 更に自分は何をしたいのか、何が出来るのか、何をすべきかを自問自答することにより、期限をつけて具体的な行動予定と目標を定めていくのです。
  5. やりたい仕事のイメージを描き、自分の基準で将来取組む仕事を選定します。
  6. これまでの仕事で蓄積したキャリアやスキルを整理し、仕事以外の分野に於ける知識・能力・人脈・経験なども整理します。
  7. 自ら選んだ仕事において必要なスキルと、自分が現在もっているスキルとのギャップを明確に把握し、いかに必要なスキルや要件、資格などをOn the  jobやOff the jobを通じて段階的に身に付けていくのか、自らのキャリアストラテジーの為の戦略を練ります。
  8. その戦略に基づいて、次に取組むべき仕事内容や、就業する企業や業界等を選定していきます。
  9. そのような過程を経て、選定したプロセスがあなたの応募企業に対する志望動機であり、転職理由や応募する仕事、企業、業界を選んだ理由などを明確にしていきます。
  10. 自分に投資をして付加価値を高め、どんな状況になっても生きていけるだけのスキルを身に付けなければなりません。自分は何をもって組織や個人に貢献できるのかをよく考え、常に自分が市場や社会で通用する技術や技量を磨いていき、自らの力で自分の人生を築き上げるのです。
  11. 動機と出来る限りマッチングしたキャリアを切り開いていくことであり、個人主導によるキャリア自律の確立を目指していくのです。